たらばがに鍋☆北国からの贈り物

蟹は、高級おつまみです

訳ありと言っても、味はおんなじ♪北国からの贈り物


 

 

「北国からの贈り物」というお店の「たらばがに足」を1キロ購入しました。

 

1キロだったら、冷凍庫に保存するにも場所をとりません。
2〜3人前だったら、我が家にちょうど良い量です。

 

送料無料ということもあって、タラバ蟹足・Lサイズ1キロ」を購入してみることにしました。
その日の夕方に注文して、届いたのが4日後の午前中でした。

 


ちなみに、到着日も時間も指定していなかったのですが、最短のお届け日だったみたいです。

 

以前、別のお店で「カニむき身4キロ」を注文したことがあるのですが、
1/4の量ですから、当然大きさもその時よりも小さかったです。

 


クール宅急便で届きました。

 

当日は、カニ食べないので、一旦冷凍庫に入れときます。

 

で、蟹鍋する予定の日に、解凍するために冷凍庫から出します。
結構、横長なので、解凍する時にちょっと困っちゃいました。

カニ解凍は説明書をみながら

蟹解凍,タラバガニ脚
タラバガニの箱の中に、解凍方法やさばき方を書いた説明書が同梱されていました。
それを見ながら解凍しようとしたのですが、なにせパック自体が長いです。

 

多分、バラして必要な分だけ解凍するのでしょうけど、今日全て食べるつもりの私達。
それに、カチカチに凍ってるから、バラすことも出来ません。

 

北国からの贈り物,蟹足
それで、パックされてる状態のままで流水解凍してみることにしました。

 

しかし、たらば蟹のトゲトゲですでに穴が開いているパック。
水を流していくうちに、当然、水が入ってきちゃいました。

 

そういえば、説明書に「水を通さない袋に入れて解凍」とか書いてあったな。。。
で、もう遅いとは思いつつ、適当な袋に入れて、回答を続けました。

 

かに通販,カニ解凍方法
最終的に解体する段階になって、やっぱり水が入りまくっていることが判明。
仕方がありません、そのまま下準備にかかります。

 

たらば蟹足画像
それにしても、この蟹足の太くて大きいこと!
すでにボイルしてあるので、すぐにでも食べられます。

 

子供が途中で、つまみぐいしてました。
うんうん、その気持ちはよく分かります。
(私も、ほんのすこーし、つまみぐいしました^^)

 

カニさばき方画像
たらばがにの足って、トゲトゲがすごいんですよね。
軍手をはめて、慎重にハサミを入れていきます。

 

カニ下準備画像
結構、解凍されていて、割と楽にハサミを入れることができました。
肩肉の部分は、説明書にあった通りには下ごしらえできませんでした。
でも、ほんの少ししかないので、これで良いと思います。

 

蟹足、買ってみたのはいいけれど、
初めは、少しの下準備でも、ちょっと面倒に思っていました。

 

だから、かに足の固まりを見た瞬間は「次は絶対、蟹のむき身がいい!」と後悔してました。
でも、実際に作業を始めてみると、結構簡単でしたね。

 

蟹簡単下ごしらえ
蟹にハサミを入れていくのも、後半は結構手際が良くなってたりして。

親子3人でカニ足1キロ、おなか一杯になりました

へべず,平兵衛酢
今日のかに鍋は、夫の母お手製の塩麹で食べてみたいと思います。
野菜をいろいろと、日向市で摂れた「平兵衛酢(へべず)」も添えて。
ちなみに、通常は平兵衛酢といえば、緑色をしていますが、これは熟れてますね。

 

自家製塩麹,手作りしおこうじ
ナベに昆布でだしをとって、塩麹を入れます。
あとは、野菜と蟹肉を入れて、味ポンでいただきます♪

 

1キロって、結構ボリュームがあるけれど、
食べてみれば、あっという間になくなっちゃいますね。

 

かに足
下準備の段階で目をつけていた太い蟹足。
結局、みんなに行き渡ったので、争奪戦にならずに済みました。

 

蟹雑炊
我が家の蟹鍋、いつも締めに雑炊を作ります。
今回は、息子も手伝ってくれましたよ。

 

もうちょっと早目に、火を止めるべきでしたね。
雑炊というよりも、おじやですね、これは。

 

もう少し、味を濃くしたほうがよかったかなぁ。。。?

 


でも、蟹鍋美味しかったです!

 

蟹さばきも意外と簡単にできちゃいます♪